筋トレと食事の関係(佐々木)

こんにちは!埼玉県越谷市川口市春日部市にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム春日部店のレンジャー佐々木です!

「激痩せコンテスト」開始から約1ヶ月経ちました!!

エントリー時に70.4キロあった体重が、今現在68.4キロになりました。
体脂肪は17.4から16.1と、何とか目標に届きそう?です!

 

さて今回のブログは「筋トレと食事の関係」についてお伝えします。

ダイエットをするときに1ヶ月の減量は体重の5%以内にするといいと言われています。5%以内に留めると、脳が危機感を抱かずに基礎代謝が下がりにくくなります。

(急激に体重が落ちると、少ないエネルギーでも活動していけるようにと身体が「省エネモード」に入り、エネルギーが消費されにくくなり、体重がなかなか落ちなくなってしまいます。)

また体重があまり減っていなくても、「体脂肪」が落ちていたらきちんとダイエットができていることになります。

筋肉量が増えると基礎代謝がアップしているので、そのまま継続できればダイエットできるということになります。

 

筋トレ+食事制限ダイエットをしているのに痩せないのは、タンパク質が不足しているのが一つの原因として挙げられます。

食事制限をしている人は、カロリーを抑えながらもお腹いっぱい食べたいからと、野菜中心の食事にしていると思います。

野菜中心の食事はダイエットにぴったりなのですが、タンパク質は摂っていますか?

野菜中心でも、タンパク質もきちんと摂らないと筋トレ+食事制限ダイエットでは痩せません。

なぜなら、タンパク質を摂らないと筋トレしても筋肉がつかないからです。

タンパク質は筋肉の原料となる栄養素です。その栄養素を摂らなければ、どんなに頑張って筋トレをしても、筋肉量は増えません。

脂質を含まなければ、お肉でもそれほどカロリーは高くありません。鶏肉のささみや胸肉、豚肉や牛肉の赤身の部分、卵の白身、大豆などを食べると、カロリー控えめながらも、タンパク質をしっかりと摂ることができます。

 

 

もし、筋肉をしっかりつけたいというのであれば、プロテインを飲むのも良いと思います。プロテインは低カロリーで高タンパクなので、効率よく筋肉をつけることができます。

 

また筋トレ+食事制限でダイエットをする時には、適度な休養を取るようにしましょう。

例えば、筋トレを頑張ってやっていて、筋肉痛があるのに、筋トレを続けても効果が見込めません。

また、筋肉痛がある中で筋トレを続けたら、正しいフォームで行うことができませんので、筋トレ効果も少なくなってしまいます。

休養もしっかりすることでトレーニングの質が向上します!!

 

残り約1ヶ月「激痩せコンテスト」エントリーされてる方は「トレーニング」「タンパク質を意識して摂取する」「しっかり休養する」ことを特に意識してみてください!

エントリーされていない会員様、これから夏に向けてダイエットしたい方にも取り組んでいただきたいです!!!

 

それでは、また!!レンジャー!!!

 

 

追伸

スパーリング大会まで残り1ヶ月になりました。
極度の緊張しいですが。。。 練習の成果が出せるように頑張りたいと思います!!

当日、お時間ある方隊長とレンジャーの応援お願い致します!!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。