閉じる

ジムの費用も医療費に!?(渡辺)

こんにちは。埼玉県越谷市川口市春日部市にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム春日部店渡辺です!

来週には春日部店にもケーブルマシンが導入される予定です。講習も予定していますので使ってみたい方はぜひご参加ください♪

 

さて、突然ですがスポーツジムの月会費はみなさんの中で何費ですか?

スポーツジムに通う理由は様々でダイエット、肉体改造、取り組んでいるスポーツの向上のため、ストレス解消、などがあると思います。

人によって趣味の費用なのか、必要経費なのか・・・ちなみに私なら現在は「美容費」として考えています。

さて、今後は「医療費」という方が増えるかも!?なニュースをご紹介します。

 

2040年に高齢者人口がピークを迎えることを受け、厚生労働省は健康に過ごせる寿命を延ばし社会保障制度の支え手になる高齢者を増やすために、生活習慣病の予防対策を大幅に見直します。

具体的には、医師の指導に沿って運動をしたら医療費として費用を控除できるジムを増やす、特定健診(メタボ健診)の実施率の引き上げなどの予防事業に力を入れる自治体に今より補助が増えるように、などです。

 

もちろん誰でもスポーツジムの費用が医療費控除の対象になるわけではなく、ジムで運動した場合に医療費控除の対象になるために3つの要件があります。

①特定健康診査において、生活習慣病である、または同等の状態であると診断され、医師の運動療法処方箋に基づいて行う運動である。
②厚生労働省が指定した指定運動療法施設で運動療法に取り組む。
③およそ週1回以上の頻度で8週間以上にわたって、施設での運動を行っていること。

指定運動療法施設であるジムや施設は、健康運動指導士の配置や生活指導のための設備の設置、医療機関と提携していることが求められるため、今後こうした基準を緩めるなど制度の使い勝手を検討し、対象となるジムを増やす方針です。

また患者に有効な運動プログラムを処方する医師に対する診療報酬を引き上げることも検討されています。

 

現在元気にトレーニングが出来ている私たちからしたら関係ない話かもしれませんが、今度どうなるかはわかりません。

多くの人は運動やトレーニングに掛かる経費が「医療費」にはなりませんが・・・

寿命が伸びていて長生きすることが考えられる今は「健康維持費」「予防費」として考えて運動に取り組んでも良いかなと思います。

今のところジム代やトレーニングに掛かる費用は「趣味代」や「娯楽費」と考える方が多いと思いますが・・・

大きな病気になったら医療費がたくさん!?かかってしまいますので、予防のための運動と考えればスポーツジムの月会費は必要経費といってもいいかも!?

人それぞれできる運動は違いますし、使える金額もそれぞれですが、健康のために何かしら運動を生活に取り入れるという事が広まればいいなと思いました♪

 

それではまた!

 

 

追伸

アーミーフィットネスジムでは、親子で、家族みんなで、友達と一緒に、トレーニングに来られる方も多くいらっしゃいます。

家族みんなで楽しく運動したい、お子さんを鍛えたい!?なんて方は「レジャー費」と思っていただいてもいいかもしれませんね♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

army-gym.com | Copyright © army-gym.com All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。