閉じる

筋肉痛にならないと効果ないの?(渡辺)

こんにちは。埼玉県越谷市川口市、春日部市にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム春日部店の渡辺です!

さて、今回のブログは、会員さまからよく聞かれることなのですが、慣れてくると筋肉痛にならなくなってきて、それってどうなのかな?という事です。

筋トレを継続していて、筋肉痛がないと筋トレの効果がないのでは?と心配に感じる方もいると思います。

確かに筋トレによる負荷が少ない可能性があります。最初はきつかった筋トレも、いつの間にか体が慣れてきて筋肉痛が起きなくなる場合があります。

いつもと同じ筋トレメニューを行っていて、筋肉痛が起きないということは、以前よりも筋肉がついている証拠ということになります。

もっと筋肉をつけたい方は、筋トレメニューを強化し運動量を増やすことで、また筋肉痛が起こるようになります。

また、定期的に筋トレをしている方は、筋肉がすでにしっかりとついている状態ですので、従来の運動量を保ったまま筋トレしても、筋肉は傷つきません。

筋肉痛が生じるには、さらに負荷のかかる筋トレが必要です。

 

ただ、筋肉痛がこないからといって、効果が出ていないとは言えません。

筋肉痛のメカニズムについて、科学的に見解が出ているわけではないのだそうです。

そのため、筋肉痛がくるほどの負荷がかかるまで筋トレをしなくては!という考え方より、正しく筋トレができているか?」を考えた方がいいです。

ただたくさん回数を行うのではなく、姿勢はあっているか、効かせたいところに効くような姿勢は取れているか、などです。

筋肉痛を感じないからといって、毎日のようにがむしゃらに筋トレしたとしてもケガにつながります。ケガをしてしまうと筋トレができなくなり、せっかくついた筋肉も落ちてしまいます。

休息もきちんととりつつ、1回1回の筋トレの質を上げていきましょう。

 

それではまた!

 

 

 

追伸

5月19日(日)19時より令和飲み会行います!バーベキューでわいわいする予定です^^参加されたい方はスタッフまで♪

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

army-gym.com | Copyright © army-gym.com All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。