危険な暑さが続いています(渡辺)

こんにちは。埼玉県越谷市川口市春日部市にある自衛隊式トレーニングジムアーミーフィットネスジム春日部店の渡辺です!

先日のレンジャーブログにて熱中症に気をつけましょう!とお知らせをしたのですが・・・今年は特に例年にない暑さが毎日続いていますね。

昨日は埼玉県熊谷市で最高気温41.1度、東京都青梅市で40.8度と観測史上最大値を更新しています。

今日も昨日よりは少しマシとはいってもとても暑いです。

先週、全国で熱中症を訴え救急搬送された後に死亡した人は、65人にのぼっています。

総務省消防庁によると、今月16日から22日までの1週間で救急搬送された人は、前の週に比べ約2.3倍の2万2647人だそうです。

熱中症は若い人からお年寄りまで年齢も様々で、昼間外で活動している人はもちろん、室内で過ごしていた方、夜になってから具合が悪くなる方など様々な状況で起こっています。

気温や日差しの強さはもちろん、湿度が高すぎたり、風通しが悪かったりする状況だと熱中症が起こりやすくなります。

水分や帽子などの対策はもちろんですが、熱がこもりにくい服装を選ぶ事も重要な熱中症対策です。

ゆったりとした通気性の良い服、汗を吸ってくれる吸水性と吸った汗を素早く乾かしてくれる速乾性が優れた素材の服(綿・麻・ポリエステル)

色は断然、熱を吸収しにくい白や淡い色の洋服がおすすめです。黒など濃い色は熱を吸収し、熱がどんどんこもってしまいます。

 

また、水分補給が大切なのはみなさんご存知とは思いますが、お茶やビールでは水分補給にはなりません。

お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給に適していません。

また、汗には塩分などの電解質が多く含まれているため、水だけ補給しても熱中症の予防にはなりません。イオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。

売っているものが手軽ですが、手作りなら1リットルの水に1~2グラムの食塩、大さじ2~4杯の砂糖を加えたものを飲むと効率よく体内に水分が補給されます。

バランスのよい食事、しっかりとした睡眠、休息など、体調管理をすることで熱中症にかかりにくい体つくりも大切です。

 

アーミーフィットネスジム会員さまはいつも以上にご自身の体調と相談しながらのトレーニングをお願い致します。

めまいや立ちくらみ、痙攣などの明らかな症状の場合はもちろん、倦怠感や頭痛、吐き気、顔のほてり、筋肉のこむら返りなどの症状がある場合はトレーニングが途中でも中断しましょう。

熱中症で緊急搬送された方の多くは、自分は大丈夫だと思って活動していたのに、急に具合が悪くなってしまったのだそうです。

また、会員さま自身が大丈夫と仰ったとしてもトレーナーの判断でトレーニングを中断していただく場合もあります。

ご理解の程どうぞ宜しくお願い致します。

それではまた。

 

 

追伸

今週の強化トレーニングは「バービー」です。暑さだけでも体力を奪われているのでいつもより回数の設定甘めです。バービー中でも水分補給を自由にしてください!無理をせず頑張りましょう!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。